My Blog : まとめブログ

Just another WordPress.com site

Android…我慢出来ないっ!

スマートフォンは毎月の使用料を節約するために、ドコモのMVNOを利用しています。
月額固定料金で500円~3000円なので各社(docomo、au、SoftBank)のスマホ用通信プランよりも安いです。月額使用料の違いは主に通信スピードの違いです。

さて、通勤で電子書籍を読んでいると…、画面サイズが4インチでは画面が狭くては頻繁なページ送りが必要です。特に、前に出てきた箇所を探すときには…何回スワイプが必要なんだ…という感じ…。
7インチだと、その煩雑さはないものの、手が小さい私には通勤中の乗り換えで持って歩くには少々大きいし、洋服のポケットにスルリとしまえるサイズでもありません。

MVNOでのスマートフォン使用について知人に相談を受け、docomo SC-04D のセットアップを2回行ったことがありました。その時の印象が良かったことと、最近アンドロイドのバージョンが4.2にアップグレード出来ることが案内されたことで…ついに我慢の限界…。

image

買っちゃいました。
昨晩、基本的な設定終了。

早速、今日の外出に持ち歩いています。いやぁ、このサイズ…外出時に書籍を読むのにはちょうど良いです。

今のところSIMカードを入れてないので、外出時にメールチェックやWeb閲覧などは出来ません。
そういうのはSUICAやEdy機能もある4インチ液晶の docomo SH-12C でこれまで通りに行う予定。

SIMカード:携帯電話会社の通信網を使ったモバイル通信に必要なカード。これがなくてもスマホはWi-Fiで無線LANでの通信が可能です。

広告

2013/05/19 Posted by | ガジェット, 日記 | , , , , , , , , , , | Android…我慢出来ないっ! はコメントを受け付けていません。

電子ブック…追加情報

更に何冊かそれぞれのサービスで購入してみました。

BookLive!いいじゃないの!

文字の大きさや縦書き横書きが変更出来る書籍もありました。
というか、そちらが主流のようです。

eBookJapan は漫画がメインなので何冊か小説を買ったけどどれも画像スキャンなのはしょうがないのかな…。

BookLive!なら漫画も購入できるし…小説も文字の大きさを変えて読むことも可能なので、Kindleの日本語対応が出来るまでは BookLive!かな。

という訳で、最近は連日BookLive!で本を買って、Lenovo IdeaPad A1docomo の スマホ (F-12C)で読んでます。
本で鞄が重くならないの…最高!

それにしても電子書籍のサービスが複数あって同じ本を売っていると、どのサービスでどの本を購入したのかそのうち分からなくなりそう。

本をあまり買わない人ならそれでも良いけど、イッパイ買う人には不便。

紙から電子に移行したのに、本を探すのが不便って変ですよね。

誰か…複数のサービスを横断的に書籍ライブラリの構築が出来るようなアプリを作ってくれないかな…。

2012/08/06 Posted by | サービス, 日記 | , , , , , , , , | 電子ブック…追加情報 はコメントを受け付けていません。

最後の IIJ の SIM カード

IIJ から入手した SIM も残すは最後の1枚を残すのみ。
何に使うかな…と考えてるところです。

やっぱり huluandroid 携帯を入手して使うのが良さそうな感じ。
通勤途上で読書に使ってるタブレットlenovo IdeaPad Tablet A1WiFi 専用機だからそもそも SIM カードスロットがないから使えません。

キンドルの電子ブック情報をタブレットとクラウドにある自分のキンドルのアカウントで同期させるだけです。
常にネット接続していなくも不便は感じません。
本を買うときと、本棚(クラウドのキンドルアカウント)とタブレットの間で本の出し入れをするときにさえネットに繋がっていれば大丈夫。

月額定額(980円)で映画とテレビ番組が見放題の hulu 用の android 携帯…いくつか入札したけどまだ落とせてません。

くそ~ぉ…。
ただで使える SIM カードが手元にあるときに限って…。

ということで…IIJ から SIM カードが送られてきて1か月以上になるけど、まだ最後の IIJSIM カードは送られてきたときのままの状態。

2012-03-11 14.13.22

早く落札できるといいな…。

 

amazon.co.jp アマゾン

大人買い

大人買いジェイピー

2012/04/25 Posted by | ガジェット, サービス, 日記 | , , , , , , , , , , , , , , , , | 最後の IIJ の SIM カード はコメントを受け付けていません。

lenovo のタブレット…快適です

何を行うかにも依りますが、私の使用目的なら十分。
とても満足!

2012-04-02 21.42.09
lenovo IdeaPad Tablet A1

反応スピードや処理能力が求められるゲームを楽しみたい人には向いていないかも知れません。
WEBページ閲覧や電子ブックを読んだりするなら全く問題ないです。

通勤中に使ってみましたが、乗り換えの際にも片手でもって歩くことが出来るので鞄にしまう必要もありません。
自動車で移動していなかったり、座って電車に乗ることが出来ない…という状況が多いなら便利です。
ちょっとしまいたい時は、男性ならスーツのポケットに、女性なら小さめのポーチにもスルッとしまうことも可能です。

電車で移動する都会の人向け…といった感じでしょうか。

部屋で使ったり、車で移動…というなら一回り大きな iPad サイズの方が画面が大きいので使いやすいかも…。

ゲームは試してないので使い勝手は分からないです。
おそらくテーブルゲーム(トランプ等のカードゲーム)だったら問題なく楽しめるような気がします。

ところで、通勤中やちょっとした空き時間に、docomo Optimus Chat L-04Clenovo IdeaPad Tablet A1 の両方で kindle の電子書籍を読んでます。
快適!

日本の電子書籍も kindle のような使い勝手の良さがないと、kindle が日本の書籍に対応したとたんに駆逐されてしまうような気がしてます。

2012/04/02 Posted by | ガジェット, 日記 | , , , , , , | lenovo のタブレット…快適です はコメントを受け付けていません。

@nifty からの小包…

待っていた @nifty からの小包…届きました!

早速開封…。

2012-03-19 20.55.59

Lenovo IdeaPad Tablet A1NEC Aterm WM3600R 及びクレードル… 
嬉し~い!

ということで早速セットアップ。

…と…思ったのですが…思いとどまりました。
まずは充電です。

ということで別の日に設定を行うことにしました。
で…数日後…時間が確保できたので早速着手…。

電源を入れようとして…あっ…と思い出したことが…。
液晶保護シートとか…ってどうしよう?

でも…携帯でもデジカメでも保護シートを貼り替えたことないんですよね。
昨年から使い始めたスマートフォンでも液晶保護シートは使ってないんです。

ということで…液晶保護シートは無しで使うことにしました。
これまで何台ものノートパソコンを使ってますが、液晶保護シートは1回も使ってないけどトラブルになったこともないから大丈夫でしょう。

20120306_WM3600R

まず、 NEC Aterm WM3600R の設定。

これが簡単。
電源を入れて待っているだけ…。
ID やパスワード…何も入力もないし、操作も要りません。

ん…何もしないで待っているだけなら、この作業を終わらせてから出荷してくれればいいのに…。
箱から出して…即使えるサービスなら東京に短期滞在の旅行者なんかにも便利そうです。

WiMAX の設定が終わったのでパソコンで WiFi に繋いでみました。
WM3600R 本体に貼ってあるシールに記載されている SSID とパスワードで簡単に接続作業終了。

簡単なのは良いですが…持ち歩くデバイスに接続用の ID とパスワードが記載されているって大丈夫かな…。
と…思ったものの…接続料金の面では定額だから全く問題ないですね。
手元にないことが判明したら @nifty に連絡して手続きを行えば大丈夫みたいです。

@nifty 会員サポート WiMAX専用機器が盗難にあった場合、紛失した場合はどうすればいいですか。
http://qa.nifty.com/cs/catalog/faq_qa/qid_12284/1.htm?category1=65&category2=143

落としたり盗まれたりしたときに、不正アクセスなんかにさえ使われることさえなければ、それ程のダメージになることはなさそうです。

lenovoIdeaPadTabletA1

Lenovo IdeaPad Tablet A1 の設定も簡単。

電源を入れれば…使えます…。

が…当然ですけど WiFi の設定をしないと本体内のドキュメントを見るだけの機能しかありません。

そういえば…数年前までは小型のドキュメントビューワーって売ってましたね。
SD カードなどのメディアの中の画像を見たり、音楽を聴くことが出来るだけの機能でした。
それでも…私の感覚では結構良い値段だったように思います。

今では @nifty WiMAX に加入すると 980円で高性能ビューワーとしても使えるタブレットが手に入る…う~ん…素晴らしい!

さて…WiFi 設定ですが、こちらもパソコンと同じ。
簡単に接続が出来るようになります。

ネットに繋げるようになったら、Google アカウントを持っていれば、持っているアカウント情報を入れて終わり。

持ってない場合や別のアカウントを使いたい時には、新規でアカウント作成も可能です。

既に kindle は導入されていました。

kindle のアカウント情報を入れるとアーカイブ…つまり amazon 側のクラウドにある本はスグに読むことが出来ました。

日本の電子書籍のサービスのように特定の端末に縛られることも無いですし、今まで使っていた端末の紐付け解除するような手間も必要がありません。
これなら電子書籍に移行したくなります。
だって…便利ですから…。

タブレット良いですねぇ。
携帯電話の画面よりも大きくて読みやすいです。

ついつい…読んでしまったけど…以外に重いかも…。
寝そべって読んだりするには…う~んという感じですね。

通勤中にでも使ってみようかな…。

kindle 以外には EvernoteDropboxWordPress、を 導入。
壁紙をランボルギーニ アベンタドールJ に変更して…とりあえず初期設定は終わり。

出かけることがあったのでケースを物色。

専用のケースは合成皮革製なのに3000円…。
思っていたよりも高い…。

しばらくは…前から持っていた…このケースで使うことにしました。

2012-03-20 12.04.04

いやぁ…ぴったり…だけど…ちょっとだけ高さが足りません。
紐でキュっと絞っても…上下逆にしちゃうと落ちちゃいます。
ちょっと…注意しなくちゃ…ですね。
まぁ…鞄の中での軽い保護用程度なので問題ないと思います。

実際の電車内などでの使い勝手はどうなんだろう?
今から楽しみです。

2012/03/20 Posted by | ガジェット, サービス, 日記 | , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | @nifty からの小包… はコメントを受け付けていません。

ガラパゴス化を選んだGALAPAGOS

シャープとTSUTAYAのコラボレーションで生まれたGALAPAGOS サービス…期待していました。

これまでの自社ハードウェアでしか作動しないなんていう読書好きからお金を巻き上げることしか考えていないハードウェア屋的発想ではないサービスの構築ができるのではないかと…期待してました。
短期的にハードウェアを売って、利便性の劣る電子端末で本を読むのに紙の本とほぼ同額の値段…という短期的視点からは脱却できませんでした。

Amazon の kindle というサービスから成功の秘訣を学んだ上でのサービス開始かと思っていました。

昨年、Android携帯としてシャープ製の LYNX 3D SH-03C を手に入れた時に GALAPAGOS サービスも試してみました。
その時、Android携帯を買い換えたら買った電子書籍は捨てることになる危惧をユーザーは抱いて安心してサービスを受けることが出来ない…と投稿しました。

image

危惧が現実になりました。

LG製のAndroid携帯にしてGALAPAGOS サービスを試してみると…この機種には対応してない…とのメッセージ。
orz

アマゾンのキンドルが日本に上陸するかも…という報道が2011年末前後にありました。
この状況なら流石に妙なこだわりを捨てて…対応機種を増やすだろう…と2012年2月末に再チャレンジ!

この機種には対応してません…だそうです。

GALAPAGOS サービスで購入した分は読み捨てと思ってくれ…ということなんでしょうかねぇ…。
本好きは使わないです…そんなサービス。

好きな本は何年かしてまた読みたくなるんです。
本を読まない、雑誌オンリーの知人は読み捨て派です。
部屋が散らかるから読んだら捨てる…ということです。
こういう人がターゲットのサービスだったのかな…。

因みに、Amazon の kindle 、アマゾンのハードウェア持ってないけど、シャープのAndroid携帯でもLGのAndroid携帯でも使えてます。
こちらはハードウェアを買い換えても電子本が失われる不安がないから…紙の本を全部手放しました。
電子版でもう1度読みたいな…という作品をひとつづつ買って読んでます。

Amazonというと本の販売価格ばかりが報道の中心だけど、本質は違う気がする。
読書が好きな人の行動を理解している部分がシャープとの違いだと思うなぁ。

一度買った本なら、タブレット、携帯電話、PCとデバイスに関わらず読むことが出来る…という安心感が利用するときには重要で、人気の秘訣だと思うんだけど…そこを理解してないのかも…。

GALAPAGOS …応援してたんだけど…ダメっぽいです。
残念…。

From WordPress Android

2012/02/29 Posted by | ガジェット, サービス | , , , , , , , , , , , , , , , , | ガラパゴス化を選んだGALAPAGOS はコメントを受け付けていません。

もっと…愛を!

スマートフォンdocomo LYNX 3D (SH-03C) を使い始めて1カ月ちょっと経ちました。最近使うことが多いのはKindleGALAPAGOSKinoppy青空文庫です。

LYNX 3Dは通勤時間に使っていることが多いですねぇ。
家だとやっぱりパソコンかな…入力は圧倒的にパソコンが便利だしWebページ閲覧も画像編集も楽だし。

あ…ベッドで寝転がってWebを見るときには使うかな…。

使い始めたころは朝の通勤時に日本経済新聞電子版朝日新聞デジタルを閲覧することが多かったです。が…時間と共にあまり小さな画面では使わなくなりました。

最近ニュースは無料のニュースフィードしか読まなくなってしまいました。

でも…日経と朝日のWebサービスは解約してませんよ。
だって…早めに会社に到着して会社のPCでWeb版の朝日と日経を読んでますからね。
ま…他の人が新聞を読んでいるのと同じです。

その代わりに電車の中では本を読むことが多くなってきました。

スマートフォン、docomo LYNX 3D (SH-03C)での使用頻度は、青空文庫GALAPAGOSKindleKinoppyって感じかな。
その週によって…というか何が自分の中でブームかによって順番は変わるのであまり一定してないんですけど…実のところは…。

さて…使ってみての感想をまとめてみました。

 

青空文庫

青空文庫用の青空読手というアプリ、使いやすい!

このアプリ…無料ですが…クオリティ高いですよ。
読みかけの状態で中断すると自動的にしおりを入れてくれるし…。
タップでのページめくりするときの感度調節も良い具合。

青空文庫は著作権の切れた作品をボランティアがパソコンで入力し公開しているサービスです。太宰治、宮沢賢治、夏目漱石を始め明治時代の代表的な作家の作品は著作権が失効している為、合法的に青空文庫で無料で読むことが可能です。

素晴らしい時代になったものです。
最近は音楽を聴いていたりすることもあるので短編を青空文庫で読んで備忘録に書き込んだりしてます。

私的読書感想備忘録
http://shiteki.wordpress.com/

このサービスはパソコンからでもスマートフォンからでも本への愛が感じられます!

 

Kinoppy

Kinoppyという紀伊國屋書店が展開しているサービスも使い始めてみました。

まだ…感想をまとめる程使い込んでないので…今回は今後の期待だけ…。

書籍を紙で購入しても電子化されたら電子化書籍も手に入る…というサービスが始まるならメチャクチャ嬉しいです。

でも…無理だろうな…。

こういうこれまでの概念を突き抜けたサービス展開があれば、日本の電子書籍マーケットをガチッと掴んで瞬く間にシェアを伸ばすように思うんだけ…。

ま…、いろいろしがらみがあって出来ない理由をつけるのかな…。
これではしがらみでアメリカでメジャーになれないBarnes & Nobleのnookのようになってしまうんじゃないかな…。

本への愛…かなぁ…本への経済的依存…って感じかな…今のところ…。

 

GALAPAGOS

GALAPAGOS…アプリの動き…こなれてないです。

ツタヤがサービス展開に絡んでいるので結構期待しているのに、シャープのプログラマというかエンジニアの意見ばかりが反映されているような感じがします。
本が好きだ!という匂いがインターフェースからは感じられません。

使っていて、ある会社の自動車用ナビを使った時のことを思い出しました。

目的地までの経路検索をしようと思って画面を見たけど…それらしいものが無い。

「計算」が経路探索、「再計算」が経路再検索という…プログラマが適当にメニューの用語を決めている感じでした。ユーザーテスト、つまりUATを全く行っていないまま市販してしまったカーナビを思い出しました。

プログラマにとってはナビ経路探索はコンピュータの能力を使った計算に他ならないけど…通常のユーザは、例えば地図を見て「目的地まで計算しよう!」なんて絶対に言わないです。普通は「目的地までの経路を探そう!」とか堅い言い方なら「探索しよう!」ではないでしょうか…。

このカーナビのインターフェースのような感じで、GALAPAGOS Storeの使い勝手が悪い。

なかなか本を探して…という気分にもならず雑誌を購入することの方が多いです。

ま…それでも応援しているのでチョコチョコと買ってます。

本への愛は…あまり感じられません…。

 

Kindle

Kindleは日本語の書籍が無いので英語の本だけ…になります。

購入した本はPCでもスマートフォンでも、どちらでも読めます。将来的にも他の端末であっても読める可能性が一番高いサービスです。

日本の電子書籍サービス、PCとスマートフォン/携帯電話の両方で使えるサービスがないんですよぉ。

読書家はどちらかの端末しか持ってないと思っているとしたら、ユーザーのことを随分と見下しているというか、なんというか…。う~ん、読者は甘く見られてるな…。

両方にそれぞれお金を払うと思っているんだろう…なんて考えてしまいます。

Kindleのサービスで永続的に読めるなら…ということで、読みたくなった時に再購入すればいいや…ということで英語の本は全部処分してしまいました。

英語の本を読む友人はあまり居ないし、家族などに貸したりすることも無いので決断が早くできました。

持っていた本では今のところMichael CrichtonDisclosureJohn GrishamThe Firmだけを再購入しました。

PCからでもAmazonで購入してそのまま携帯端末に転送…という作業が出来るのがとても使いやすいですねぇ。本を買う…という行為をするには抜群の使いやすさです。

本への愛と偏執的な程の関心が昇華された合理的に整理されたサービスという感じがしますね。

 

こうしてみるとKindleのサービスが群を抜いて使いやすいし、本好きの心をガチッと掴む魅力を持ってます。

1回読んだ本って、何年か経過したら読んでみたくなるんですよ。だから、何年か先には読めないかも…という日本のサービスだと紙の本の値段と比較して今の電子ブックは値段高すぎ…。

アメリカで電子ブックが普及しているのはKindleのサービスを見ると分かるけど、超人気作家以外は値段が安いのです。で…ずっと読める安心感。

 

日本の電子書籍は家族にさえも貸し出しが出来ない…というか…自分でさえ数年先には読めなくなる可能性が高い…というレベルですから一般的に普及するのはまだ先のように思います。

しがらみで…なんて言ってノンビリとしているとKindleが日本語対応して…全部持ってかれてしまうような気がします。Kindleが最後の望みの綱というのはなんとも寂しい気もするので、日本の電子出版業者にしがらみを突き抜けて未来を見て欲しいです。

 

私が英語の本を手放したようにKindleが日本の書籍を扱い始めたら紙の本を手放して電子書籍にする…という人も多いように思います。

日本の電子出版は漫画で稼いでいるようなので…漫画に重点を置いているのかもしれません。

小型端末では文字の方が有利なのは明らかなので…今のうちにもっと文字での電子出版にもしがらみが…なんて言ってないでもっと真剣に将来のことを考えて取り組んで欲しいです。

もしかしたら…漫画で儲かっているから文字で楽しむ小説などはあまり重要視してないのかもしれないな…なんて最近思ってます。

もっと…文字文化に愛を!!!

2011/09/01 Posted by | ガジェット | , , , , , , | もっと…愛を! はコメントを受け付けていません。

AmazonのKindleをdocomo LYNX 3D (SH-03C)で使ってみた

キンドルというアマゾンの展開しているサービスを docomo LYNX 3D (SH-03C) で使ってみました。

ちょっと知識があると…意味不明なこと書いているなぁ…と思う方も居るでしょう。
でも…使えるんです!

Amazon のKindle…米国の電子書籍市場で独り勝ちしている端末…と思いがちです。

私もKindle端末を買わないと使えないサービスだと思っていました。
でも…実は…Kindle端末…無くても使えるんです。
私はまだキンドル端末…入手していないです。

20110809_kindlebig-viewer-3G-01-lrg__V188696038_アマゾンはKindleという名前の電子書籍用端末を2007より販売してます。
日本からでも amazon.com にアクセスすると購入することが可能です。

WiFiモデルとWiFi&3G回線(携帯回線)モデルがあります。

電子ペーパー採用なので充電は…なんと!2ヶ月持つし…端末に3500冊の本を収納出来るという本好きにはたまらない端末…私も欲しいです。

しかも…3G回線網へのアクセスはAmazon持ちなので端末を購入した後の通信費は不要です。

Kindle for Android というアプリをAndroid Marketで見つけたのでキンドルのサービスについて調べてみたら…どうやらKindle端末を持っていなくてもKindleサービスを利用できるようです。

PCだけでも利用できるし、PCとアンドロイド端末だけでも利用できるし、もちろんiPhoneやiPadでも利用できます。

しかも…使用端末数制限が無い…。
これなら安心して本が買えます。

ということで早速 Kindle for Android をインストール。

20110809_Kindle4Androidパソコンで Amazon にアクセスして docomo LYNX 3D (SH-03C) をアマゾンのアカウントに紐付けます。

あとは Amazon でKindle用の電子書籍を購入するだけ。

電子書籍を購入するとアマゾン側でアンドロイド携帯端末にプッシュサービスで自動的に配本してくれます。

お~ぉ!
これは便利だ…。

パソコンで買い物をして読むデバイス(PC、携帯端末など)を指定(今回の場合LYNX 3Dのスマートフォンですね…)すると、指定されたデバイスに自動的に配本が行われる。

素晴らしい…。

このサービスが日本の書籍に対応したら、既存の電子書籍サービスは駆逐されてしまう…と感じています。

競争にならないなぁ…というのが正直なところ。

20110809_GALAPAGOS先日紹介したシャープの運営するガラパゴスというサービスはなんだか本を好きな人がサービスを作っていない感じのインターフェースでした。

仕事で会社から指令が出たので作りました的な匂いが…。
PCで検索&購入してLYNXに飛ばす…なんていうこと GALAPAGOS じゃ出来ない…。

小さいスマートフォンの画面で本を探す…っていうのは、外出時には良くても家に居てパソコンを目の前にしているときには不便でしかないです。

本の値段をみるとは Amazon でも人気のある作家の作品はそれなりの値段です。
でも…端末を買い替えても…パソコンを買い替えても…ずーっと買った電子書籍を読める…という安心感があるからこの値段もOKだな…と思うのです。

一方ガラパゴス…そういう安心感無いですね。

ハードウェアだけではなくて…こういう使い勝手や安心感というところに気を使わないと、消費者はお金を使わないですよぉ…シャープさん。

SANY3408で…アプリの Kindle for Android ですが…使い勝手もいいです。

本を選ぶときも小さな本の表紙だけの表示じゃないです。
電子端末だからスクロールすれば良いので1冊あたりの面積を大きくとってあって、題名や著者名もちゃんと確認できます。

読むときにはスワイプしないで…ページの端っこをタップするだけでもページを次にめくることが出来るのは便利です。

携帯端末を持って、画面の隅をポチッとタッチするだけで次のページへ読み進められるのは読書のリズムを崩さないです。

スワイプの動作も使えるけど…それに限定していない…というところがミソです。

いやぁ…このアプリで日本の本も読みたいなぁ。

SANY3412バックグラウンドを黒にすることも出来るのもマル。

電子ペーパーだと文字が黒でも目が疲れないので…紙の本と同じようにバックグランドが白で文字が黒でOKです。

ところが…液晶だと画面自体が発光しているためバックグラウンドを黒くして文字を白にした方が目が疲れないのです。
長い時間読んでいるとバックグランドが白だと目がショボショボしてしまいます。

こういうことも分かっている人達が作っているんだな…という感じ…。

 

今回、Kindleでは無料の本、格安の本、普通の値段の本…と何冊か買ってみました。

買った中の1冊が John Grisham のThe Firmです。
日本では「法律事務所」という名前で出版されているジョン・グリシャム氏の本です。
トム・クルーズ主演で1993年に映画化もされています。

SANY3409この本…発売された当時ハマりました。
当時はボストンに住んでいて電車での移動中に主に読んでました。

見知らぬ方から「この本は面白いよね」と何回も声をかけられることがあったのを思い出します。
「私も読んでいるけど…」とか「まだ読んでないけどどう?」とか「もう読み終わったけど2回目の途中だけど…」なんていう感じで話しかけられていました。

見知らぬ人にも話しかけて会話を楽しむ…というのは日本ではあまり体験したことが無かったので新鮮でした。

今もこのカジュアルで人懐っこいアメリカンカルチャーは変わってないのかな…。

Kindleサービスで持っている本を揃えたら現物は不要だな…、と感じました。
友人に本を貸したいときには貸出も出来るようなシステムになっているし…。

こうなると物理的に持っている本を電子書籍に置き換えるために Amazon で本を買いたくなってしまいます。

Kindleサービスで読みたい本が見つかるなら… Kindle for Anderoid を試してみてください。

お勧めです!

でも…電子ペーパー採用のKindle端末欲しいなぁ…。

 

20110809_kindle-2

Kindle
http://www.amazon.com/Kindle

 

20110809_Kindle4Android20110809_Kindle4Android_BarCode

Kindle for Android
http://www.amazon.com/gp/feature.html/ref=red_lnd_shrt_url?ie=UTF8&docId;=165849822

 

sh03c_blue

docomo LYNX 3D (SH-03C)
http://www.nttdocomo.co.jp/support/trouble/smart_phone/sh03c/

 

20110809_GALAPAGOS

GALAPAGOS by Sharp
http://sharpgalapagos.jp/

 

Amazon
http://www.amazon.com

 

John Grisham
http://www.jgrisham.com/

2011/08/09 Posted by | ガジェット | , , , | AmazonのKindleをdocomo LYNX 3D (SH-03C)で使ってみた はコメントを受け付けていません。