My Blog : まとめブログ

ドローン、飲食店、映画、車…

2020年1月ドローンまとめ

高度維持機能の有無

高度維持機能があるドローン(Holy Stone HS210)の方が自由にコントロール出来ると感じていた時期から脱却出来た月でした。

高度維持機能が無いドローン(Eachine E010)の方が細かい動きをコントロール出来るようになってきて高度維持機能があると不便だと思うことが月の後半で何回か思うこともありました。

次のステップ

今度は左右方向の傾きや前後方向の傾きを自動的に水平に保つ機能の無いアクロモードでの飛行にチャレンジだな…と思いました。

アクロモードが搭載されているFPV機はアマチュア無線の免許を持たずに飛ばすと電波法違反になってしまいます。

電波法違反をして摘発されると100万円以下の罰金と半年以下の懲役の両方向もしくは片方という知らない人が思っているよりも重い刑罰です。

もちろん前科1犯…。

アマチュア無線の免許取得とFPVドローンを飛ばす為の総務省での手続きはザックリ4〜5万円と3〜6ヶ月の期間が必要だと既にFPVドローンを飛ばしている方のwebページを見ると書いてあるのを読んでいました。

う〜ん、アクロモードの練習までにそんな長い期間待てないなぁ…と他の方法を探してみました。

するとBETAFPVというFPV機ブランドのフレーム/モーター/プロペラの1機分のセットが600円を切る価格でアマゾンで出てます。

BETAFPV Beta75S はこれまで飛ばしてたドローンよりもひとつ上のサイズです。

これまで室内で飛ばしていたのは対角線上にあるモーター同士の軸の間の距離(長さ)からの65mmのドローンでした。

Beta75S は軸間が75mmのドローンです。

未経験のサイズですが値段が安いのでコレでアクロモードの練習をすることにしました。

通常価格は3,000円弱のセットだったので何か裏があるといけないので売主を見るとBETAFPV自身でした。

恐らく在庫処分かな…。

アクロモードの練習をしているとプロペラとフレームは壊すことが多いというwebサイトの書込みを見ていたので600円で1セットなら、もし10回壊しても6,000円だなと頭で計算して大量購入しました。

そしてアクロモードにチャレンジするなら安いドローンを買うと付属してくるコントローラーじゃなくてキチンとした長く使えるコントローラーが必要と判断して Jumper T8SG +Plus というコントローラーを購入しました。

でも、これだけではドローンは飛ばせません。

他に RX, FC, ESC が必要です。

電波を受信する受信機はRXと良く省略されます。

モーターを回すためのスピードコントローラーはESCと良く省略されます。

RX と ESC の間にドローンならではの制御を行うフライトコントローラーが必要です。

フライトコントローラーは FC と良く省略されます。

FC は RX で受信したコントロール信号をドローン特有の信号に変換します。

例えば、前に進む…という信号を RX が受信したら前側よりも後ろ側のモーターの回転を上げるような処理を行い結果を ESC へ伝えてモーターの回転で機体の動きに反映させます。

webを見ていると RX、FC、ESC が一体化した AIO (All In One)の FC がサイズが小さいドローンだと一般的のようです。

アクロモードと高度維持機能が無いだけのモードにコントローラーのスティック操作だけで切替可能な AIO FC を見つけました。

価格も1,000円〜2,000円程度で売られていました。

ということは、フレーム/モーター/プロペラ(600円)、AIO FC (RX+FC+ESCで1,000〜2,000円、キャノピー(300〜500円)で1機のアクロモード練習用のドローンが出来ます。

つまり1,900〜3,100円で1機が作れる計算です。

1月の後半からアクロモードの練習を開始しました。

全く上手くコントロール出来ないのでホバリング、前後移動、左右移動、回転、八の字と順番に練習を積み重ねる必要があります。

出来ない事が少しづつ出来るようになるのが楽しいです!

2020年1月末までの費用

この月はアクロモードへの切り替えを決意してパーツや道具を揃え始めました。

  • ドローン:78,016円
  • バッテリ:75,046円
  • 充電器類:8,965円
  • コントローラー:13,990円
  • ケース等:12,763円
  • 場所代等:5,980円

合計金額:134,750円

平均すると月に4万円以上使ってる!?

週に1万円以上のペースで注ぎ込んでしまった…でも…楽しー!!

いよいよ本格的なコントローラーも手に入れて操縦もしやすくなりました。

分解能(ステックを上から下まで動かした時の刻み)も細かくなったのでより精緻なコントロールもできるのが楽しいです!

2020/04/30 Posted by | ドローン, 日記 | , , , , , , , , , | 2020年1月ドローンまとめ はコメントを受け付けていません

2019年12月ドローンまとめ

ひとつづつの出来事を書いていたら今に追いつけそうに無いので2019年12月の出来事をまとめてみました。

最初の高度維持機能を搭載していないドローンの Eachine E-010 はグリーンを持っていましたが楽しいので壊れた時の予備機体をアマゾンで購入しました。

色違いの赤にしました。

バッテリーが増えてきたので複数のバッテリーを充電出来る充電器をアマゾンで購入しました。

バッテリー充電機用のACアダプタもアマゾンで購入しました。

黄色い端子はドローンの中でも大型の機体で良く使われているXT60端子です。

電源を入れるとこんな感じで充電電流が0.1Aから1Aまで0.1A刻みで設定が可能です。

ネットで他の方のサイトを読むとプロペラとフレームが良く壊れるらしいので安いプロペラをアマゾンで購入しました。

こちらはフレームとプロペラと細身のバッテリーを使うときのアダプタもセットになっているのもアマゾンで購入しました。

晴れていてこの季節としては暖かい日に親族の持ってる土地で初の屋外ドローン飛行をしました。

開放的で楽しいですね。

飛ばしたのは Holy Stone HS220 と Snaptain SP660 でした。

30分の飛行時間は空撮でもしない限り不要なのが分かりました。

操縦を楽しむ飛行には10分も飛べば充分です。

最初の Eachine E010 が上手く飛ばなくなってきたので追加で更に3機をアマゾンで購入しました。

色違いは2機が Luxon 、1機が JJRC というメーカーになってましたがキャノピーを外して基板を見ると全く同じでした。

もちろんコントローラーも互換性があります。

屋外飛行が楽しかったので高度維持機能が無いブラシレスモーターを搭載した機体がかなり割引かれて売ってたのでアマゾンで購入しました。

プロペラのスペアも併せて購入しました。

クリスマスプレゼントで Holy Stone SH210 を貰いました。

専用収納ケース付きだと青いキャノピーです。

最初に買った赤い機体と並べてみました。

Holy Stone SH210 は他のメーカーの同じクラスのドローンと比べてキャノピーがカッコイイですね。

Potensic A20 も追加で買いました。

最初に買った Eachine E010 が遂に破損しました。

暫くはダマシダマシ飛ばしていたのですがダメそうなのでフレームを交換します。

壊れたのは右前のプロペラガードです。

少しフレームが重なっている部分があるのが分かるでしょうか…

白いフレームでプロペラも白くしたら随分とイメージが変わりました。

2019年12月末までの費用

11月に初めてドローンを飛ばし始めて2ヶ月弱で手元にドローンは13機になりました。

  • ドローン:51,919円
  • バッテリ:9,068円
  • 充電器類:6,179円
  • ケース類:6,973円
  • 飛行場所:3,000円

2019年12月末までの合計:77,139円

なんだか思っていたよりも使ってしまった…

2020/04/06 Posted by | ドローン | , , , , , , | 2019年12月ドローンまとめ はコメントを受け付けていません