My Blog : まとめブログ

ドローン、飲食店、映画、車…

4号機:Holy Stone HS220

ドローンに興味を持ち安いドローンを購入して試してみようと思って最初に興味を持っていたドローンである Holy Stone HS220 (専用ケース付き)が割引価格 7,618.円でアマゾンで売っていました。

今まで3機のドローンを購入して分かったのはバッテリーは最低3つは必要と言うことです。

飛ばして少し休憩というのんびりとしたスタイルだったり、複数のドローンを順番に飛ばしたりする場合でもバッテリーが1個では足りなくて最低でも3個は欲しい感じてます。

Holy Stone HS220 は特殊な機体でコントローラーとドローン本体で同じバッテリーを使用します。

バッテリーが2つ付属しますが片方は送信機に使うので追加で2つバッテリーを購入することにしました。

バッテリーはカートリッジに入っていてコントローラーにあるUSB端子に電源を繋げばコントローラーに装着してあるバッテリーが充電できるようになっています。

便利なようですが複数のバッテリーを充電するには時間が掛かってしまうのが難点です。

そこでバッテリー2個を同時に充電可能なバッテリー充電スタンドも同時に購入することにしました。

Holy Stone HS220 本体 7,618円、バッテリー(2個) 3,260円、バッテリー充電スタンド 1,580円で合計 12,458円でした。

Holy Stone HS220

箱を開けると中にはグレーの収納ケースだけが入っていました。

思ったよりも質感の良いケースです。

これなら持ち歩いていてスグに収納ケースが壊れてしまうことはなさそうです。

収納ケースの中にドローン本体、コントローラー、バッテリー2個、USBケーブル、予備プロペラ、予備設置ゴム、プロペラ外しツール、説明書の全部が入っています。

追加バッテリー

ドローン本体は赤、コントローラーは黒で付属するバッテリーは赤と黒がひとつづつです。

コントローラー用のバッテリーに黒を使うとすると追加バッテリーも普通に考えれば赤を購入ということになります。

追加バッテリーは白、黒、赤の3色が有ります。

というのも収納ケース無しの Holy Stone HS220 はドローン本体が白なのです。

バッテリーの値段を見ると白が1,690円、黒が1,580円、赤が1,880円です。

色が違っても性能は同じですし使っているバッテリーがどれかを識別するにも色違いのほうが分かりやすいので白と黒を追加で購入しました。

バッテリーの充電はコントローラーにバッテリーを装着してコントローラー側面のUSB端子に電源に接続されているUSBコードを繋げば出来ます。

コントローラー用のバッテリーを含むと4つのバッテリーを次々と充電するには時間も掛かるし面倒です。

そこで2個のバッテリーを同時に充電出来るバッテリー充電ホルダーも一緒に購入しました。

充電状態もそれぞれのバッテリー毎に分かります。

インジケーターは充電中は赤く、充電が終了すると緑に光ります。

このバッテリー充電ホルダーはお勧めです。

問題発生!

収納ケースにバッテリー充電ホルダーが入りません。

バッテリー充電ホルダーを収納ケースに入れて蓋を閉めようとするとバッテリー充電ホルダーの高さがあってかなり無理をしないとジッパーを閉めることが出来ません。

バッテリー充電ホルダーの高さがもっと低ければ入るかもしれないと思いました。

どうやら収納ケースを企画した時にはこの別売りバッテリーホルダーがまだ無かったのではないでしょうか。

バッテリーホルダーも一緒に収納ケースに入れば完璧だったのに…。

操縦&飛行

Holy Stone HS220 は機体を畳んだ状態と広げた状態のどちらでも飛行が可能です。

試してみるとどちらでも飛ばすことは可能ですが畳んだ状態だとコントローラーの動きに対してなんだか素直に動いてくれないように思います。

プロペラ部分を畳んだ小さい状態での飛行はコントローラーの操縦に追い付いてこないというかワンテンポ遅れるような感じがします。

Holy Stone HS220 より Holy Stone HS210 の方が室内で飛ばすには適してます。

開いた状態だとダイナミックな動きをします。

室内で最初は試して飛ばしたのですが思いっきり飛ばすということが出来ないので欲求不満が溜まってしまいます。

Holy Stone HS220 は屋外用ドローンと考えた方が良いです。

プロペラ音も大きいので室内で飛ばしているとうるさいですしね。

ところで上の2つの画像は買った時の状態でバッテリーが奥までしっかりとは装着されていない状態です。

ひっくり返して裏側を見るとこのような状態で送られてきました。

しっかりと装着すると…

こんな感じになります。

費用合計

屋内で使用するには性能的に合わないなと思うドローンを初めて手に入れました。

外で思い切り飛ばしてみたい!

  • ドローン本体:16,617円
  • バッテリー類:8,639円
  • その他:1,280円
  • 場所代:1,500円

合計:28,039円

2020/02/11 Posted by | ドローン, 日記 | , , , , , | 4号機:Holy Stone HS220 はコメントを受け付けていません。

貸会議室-001:2019/11/23

もっと広い場所でドローンを飛ばしたい!

でも住んでいる都内区部は公園もドローン禁止(重さに関係無く禁止なので200グラム未満のドローンも禁止)なので外は無理です。

200グラム以上のドローンは航空法でも更に厳しい規制がかかっています。

飛ばしては行けない場所で勝手に飛ばす人がいるからドローンの評判は悪くなるばかり…。

商売でドローン飛行を行わせてくれる所は値段が高い…。

100グラムに満たないというかバッテリーを含めても50グラムにもなりませんが自宅以外に飛ばせる場所が全く無い!

持っている機体の重さ(バッテリー含む)は以下になります。

どうしても広い所で飛ばしたかったので会議室を借りました。

もちろん規則やNG事項や避けてほしいことを読んでドローンが禁止されていないのを確認してから借りることにしました。

会議室で飛ばす前に買物

せっかく会議質を借りてもバッテリーの充電で待ってるのは勿体無いです。

3機を順番に飛ばせば飛行後に次の飛行まで10分空けて熱くなったモーターを冷やしてもほぼ休むこと無く飛ばす続けられます。

そのローテーションを組むには手持ちのバッテリーでは足りないのでバッテリーを追加購入しました。

機体に付属していたバッテリーだけだと…

これではそれぞれの充電は付属充電器でも30分以上かかるので家で充電して持って行ったバッテリーを全部使った後は充電待ちの時間になります。

そこで以下のバッテリーをアマゾンで買いました。

どちらも上記の数のバッテリーがセットになっていて充電器も付属しています。

バッテリーの数も増えてきたのでバッテリーバッグも買いました。

会議室へGO!

週末の午前中3時間借りました。

満足出来ました。

そしてもっともっとドローンを飛ばしたくなりました。

費用合計

  • ドローン本体:8,999円
  • バッテリー:3,799円
  • その他:1,280円
  • 場所代:1,500円

合計:15,578円

まだ初めてドローンに触って3週間も経ってないんだけど…

2020/02/10 Posted by | A20W, ドローン, E010, HS210, 日記 | , , , , , , , | 貸会議室-001:2019/11/23 はコメントを受け付けていません。

BETAFPV 商品比較 @2020/2/6

2019年11月に初めてのドローン(クワッドコプター)を入手してから3ヶ月が経ち2月上旬になった現在…保有ドローンは10機を越え2月中の JARD 講習を予約して第4級アマチュア無線技師を取得する準備をしています。

コントローラーは Jumper T8SG VW2 Plus+ を入手済みなので FPV 機と画像受信機の選定に入りました。

BETAFPV 機体一覧

気になるのは BETAFPV の機体です。

比較検討を行う為に販売中の機体一覧を作ってみました。

全体

カメラ、画像送信機、フライトコントローラーなどの制御系

モーターなどの動力系

まだ各種手続きが終わってないので飛ばす事は出来ないのは分かってるのに1月に注文した BETAFPV Meteor65 が既に手元に届いています。それなのに更にその次に飛ばす機体の事を夢想してます。(笑)

2020/02/07 Posted by | ドローン, 日記 | , , , , , , , , , , , , , | BETAFPV 商品比較 @2020/2/6 はコメントを受け付けていません。

3号機:EACHINE E010

空撮の方向に進むにもFPVの方向に進むにも高度維持機能を切った状態での飛行操縦技術が必要のようです。

DJI社が席巻している空撮のジャンルでも国土交通省からドローンの操縦者としての適正を判断する基準に高度維持機能を切った状態での操縦があるようですしドローンレースでも高度維持機能を使っったままでは勝負にならないようです。

初号機の Holy Stone HS210 も2号機の Potensic A20W もどちらも高度維持機能がある初心者向けの機体です。

どちらの方向でドローンを飛ばすにも高度維持機能の無い機体を入手して練習する必要があるので複数のサイトで高度維持機能が無いドローン操縦の練習に最適と記載のあった EACHINE E010 を2号機の Potensic A20W と一緒に注文しました。

特に値段が安くなっているタイミングでは無いかったのですが Potensic A20W とで FPV を試すのと同じタイミングで高度維持機能の無い機体をコントロールしてみたかったのです。

EACHINE E010 – green

パッケージは Holy Stone SH210 よりも少し小さいです。

内容物がスペースの無駄無く詰まってる感じです。

ドローン、コントローラー、バッテリー1つ、充電器、コントローラー用電池、予備プロペラ、プロペラ外しツール、ドライバー、説明書と全部が揃っていて 2,300円でした。

スリムでシャープなコクピットです。コントローラーは Holy Stone SH210 も小さいです。

何回か使うまでその小ささに慣れませんでした。

モーターやコクピット(キャノピー)が乗っているフレームは Holy Stone HS210 ととても似ています。

バッテリーも Holy Stone HS210 と共用することが可能です。

150mAhの容量のバッテリーが1つが付属してます。

操縦感覚の違い…

Holy Stone HS210 を1週間ほぼ毎日飛ばしていたのである程度は操縦が出来るようになっていたかなと思っていたのですが EACHINE E010 だと全くダメでした。

その場に浮いているホバリングも出来ないし当然ながら普通に前に飛ばすことも出来ません。

ただそこに浮かんでいるホバリングが出きるまでは毎日が楽しいチャレンジでした。

結局ほぼ毎日練習してある程度飛ばせるようになるまでに3週間程度かかりました。

高度維持機能のある機体よりも自由に飛ばせるようになったのは飛ばし始めて2ヶ月程度が経過した頃でした。

高度維持機能が無いので無駄にバッテリーを使わないようで Holy Stone HS210 の220mAhと比べると少ない150mAhの容量のバッテリーでも Holy Stone HS210 と同じくらいの時間の飛行が可能です。

試しに同じバッテリーを使って Holy Stone SH210EACHINE E010 を飛ばしてみると高度維持機能が無い EACHINE E010 の方が長く飛ばすことができます。

Holy Stone HS210 を最初に飛ばした際にに他のサイトから学んだ習熟過程のステップを高度維持機能が無い EACHINE E010 のコントロールの習熟にも踏襲して練習を進めました。

練習方法…

具体的な練習のステップは以下です。

ひとつがある程度出来るようになったと感じたら次のステップの練習を組み合わせて飽きないように常にチャレンジを続けるような感じでほぼ毎日飛ばしていました。

  • ホバリング(機首は前方)
  • 前後移動(機首は前方)
  • 左右移動(機首は前方)
  • ホバリング(機首は左向き)
  • 前後移動(機首は左向き)
  • 左右移動(機首は左向き)
  • ホバリング(機首は右向き)
  • 前後移動(機首は右向き)
  • 左右移動(機首は右向き)
  • ホバリング(機首は自分向き)
  • 前後移動(機首は自分向き)
  • 左右移動(機首は自分向き)

実際には斜め前方向でも練習したのでステップはもう少し多かったです。

この動きが出来るようになると8の字での飛行が出来るようになります。

8の字も自分から見て8に見える向きと自分から見たら∞に見える向きの両方で練習します。

8の字は2つ方向があるのでどっち周りの方向でも出来るように飛ばしてました。

ぎこちなさは残るけどというレベルで8の字で飛行出来るまでに1ヶ月以上の時間がかかりました。

練習の間は Holy Stone HS210Potensic A20W と交互に EACHINE E010 を飛ばして高度維持機能が無い機体のコントロールの練習と同時に高度維持機能付きの機体で意識しなくても機体がどの方向に向いていても自由に機体をコントロール出来るようにコントロールに慣れるようにしていました。

EACHINE E010 を飛ばすには相当指先の動きに集中しないと上手く飛ばない日々が続いていたのでメゲないように楽しくフライトする期待と集中力が必要な期待を交互に操縦していたんです。

【費用合計】

ドローン本体:8,999円(3台)

2020/02/06 Posted by | ドローン, E010 | , , , , , , | 3号機:EACHINE E010 はコメントを受け付けていません。

2号機:Potensic A20W

毎日飛ばす…

初号機の Holy Stone HS210 が届いた後は時間さえ許すなら毎日飛ばしていました。

面白い!

自分の想定しているコースにピッタリと飛んでいる時の機体との一体感が堪らないです。

多くの場合は自分の思っている軌道とはちょっと違うか全く違うコースを飛んでしまってます。

飛ばすのが楽しいので色々なサイトでどのようなクワッドコプター(プロペラが4つあるドローン)があるのかと見ているとどうやらハマっている人達は2つに分けられるようです。

どっちだろう?

上空からの撮影に興味を持ち DJI を中心とした良い画像が得られるドローンを飛ばすとの楽しんでいる方々。

ドローンに自分が乗って操縦しているような感覚でドローンを操るFPV(First Person View:1人称視点とでも言うのでしょうか)でドローンを楽しんでいる方々。

撮影を楽しんでいる方はカメラがブレて映像が揺れたりしないようにジンバル(カメラを固定している部分の揺れを画像にする装置:ジンバルにカメラを装着して手持ちで使うのもあります)がドローンについてるモデルを使っている方が多いです。

確かにジンバル無しでのフライト映像とジンバル有りのを比べると明らかにジンバルを使用している映像のほうが安定しています。

FPVの方は映像の送信するときの遅れがあると操縦が難しいので出来るだけデータ遅延を少なくするためにかなり荒い画像を見ながら操縦している感じです。

どんな違いがあるのかそれぞれカテゴリーの主流メーカーで映像が見られるページへのリンクがこちらです。

DJIはFPVの世界へ、BETAFPVは綺麗な映像の世界へとそれぞれがお互いの領域に2019年は歩み寄る様子が伺えます。

恐らくどちらも自分のメインとしている世界ではある程度のシェアを得たので隣接領域へとビジネスを拡大しているのでしょう…。

あ…話しがそれてしまいました。

空撮もFPVもどちらもやってみたいけどどちらかへの強烈な欲求は無いので体験してみないとダメかも…と思い2台目のドローンは初号機の候補の中からスマホを使ってFPVのようなことも出来るし画像も映像も撮影が出来るという機体にしました。

Potensic A20W

初号機が手元に来てから1週間後に注文しました。

こちらも次はどっちにしようかなと悩んでいたら通常よりも1,000円以上割引になっていたので迷わずポチリ!

国内在庫品なのでスグに届きました。

パッケージを開けると機体、コントローラー、バッテリー1個、予備のプロペラ、プロペラ外しツール、説明書が入っています。

並べてみるとこんな感じです。

コントローラーは少し大きめで丸みを帯びていて手にフィットします。

コントローラーにスマホを取り付けるためのアダプターもついていました。

コントローラーに付けるとこんな感じです。

上に被さっている蓋みたいなのを持ち上げてスマホを上下から挟むようにして。固定します。

機体のカメラ映像を見て操縦、FPV操縦が出来るのではないかと期待してます。

バッテリーはスッポリと機体に格納するようになっています。

バッテリーは細長い形状のリポバッテリーで180mAhの容量です。

全体的にデザインに拘りがあるようです。

操縦してみると…

Holy Stone HS210 よりも Potensic A20W の方が飛び方がスムーズでしっとりとしています。

どうやらスティックを倒した時のコントロールが Holy Stone HS210 よりも Potensic A20W の方が細かくなっているようです。

つまり例えばスピードをコントロールする場合に5段階で段々スピードが早くなる刻みになっているのか10段になっているのかというような感じです。

実際の刻みは分かりませんが飛び比べてみると明らかに違います。

飛ばしている時の音も Potensic A20W の方が静かです。

スピードを一番早くするとどちらも最高速度はそれほど違わないように思うのでコントローラー側かドローンの機体側側での制御が違うのでしょう。

そういえば Holy Stone HS210 はプロペラの羽が4枚、Potensic A20W は3枚という違いもあるので枚数の違いが影響しているのかもしれません。

FPVの性能は?

さて期待している機体についているカメラの性能でについてです。

画像はそれほど綺麗とは言えません。

FPVについても試してみました。

カメラが機体先端に若干下向きについていることもあって機体の進行方向の前方が見えません。

それに画像が1秒程度遅延しているので画像を見ながら操縦するFPVには室内では全く使用できません。

広い公園で使うと少しは役に立つのかもしれないなと思ったけど最初に1回試しただけでそれ以降はスムーズなフライトを楽しんでばかりいて最初に試して以来カメラ機能は使ってません。

【費用合計】

ドローン本体:6,699円(2機)

2020/02/01 Posted by | A20W, ドローン, 日記 | , , , , , , , | 2号機:Potensic A20W はコメントを受け付けていません。