My Blog : まとめブログ

ドローン、飲食店、映画、車…

2020年3月ドローンまとめ

ドコで飛ばす…問題…

都内(区部)に住んでいます。

昨年からイロイロと調べてみましたが屋外でドローンを楽しみたくても近くでは200g 以上のドローンを飛ばしても良い場所が見つかりません。

また都内の中心部では人が疎らな場所もドローンはサイズを問わず禁止になっている場所も多いです。

都内区部から時間をあまり移動時間をかけないでドローンを飛ばすのは山の中で木々の間を飛ばすしかないかなと思いハイキングから始める事にしました。

多くの人が訪れる場所(例えば高尾山)は電波が届きますが人が多くてドローンを飛ばせるような状態ではありません。

ドローンが飛ばせそうな場所…つまり人にあまり出会わないような山中の場所は携帯(スマホ)の電波の届かない場所になっている可能性が高そうです。

通信手段が全く無いのは不安なので元はといえばFPVをする為に取得した4級アマチュア無線で使えるトランシーバーを買いました。

FM の受信も可能なので電波さえ掴めれば FM 放送を楽しむことが出来るのモデルにしました。

4級アマチュア無線の免許証が届いたので開局の手続きを総務省の「電波利用 電子申請・届出システム Lite」で行いました。

FPV に必要な VTX の保証や登録等でも行うので最初は技適が取れている機器で申請のプロセスに慣れる目的もありましたが使用する VTX を絞り込み切れてなかった事もありトランシーバーでまずは開局することにしました。

  • FPV (First Person View ):ドローンにカメラを積んでカメラから送られる映像を見ながら操縦する方法。あたかもドローンに乗っているように操縦できます。
  • VTX (Video Transmitter):ドローンに搭載したカメラの映像を送信する装置。
  • 技適:総務省より技術適合の審査を受けたということ。技適を受けていると許可や申請など何もしなくても日本国内では使用可能。技適が無い VTX の場合は JARD か TSS の保証を受けて総務省に使用の許諾を申請してから使用しないと電波法違反になる。

この手続きが終わればコールサインが貰えるんだな…コールサインが届いたら VTX の保証を JARD にしてもらって総務省に届け出る手続きをしよう!…という目論見です。

オンラインでの手続きは簡単でした。

VTX 用の申請前に VTX が手元に届いている必要があるので早く VTX 選定して注文しなければ…

FPV用ドローン

FPV機はまだ飛ばせないので2月に入手した BETAFPV Mepeor65 は机の横に飾ってあるだけです。

というのも BETAFPV Meteor65 はビデオ映像送信機と FC の配線がはんだ付けしてあるのです。

Meteor65 以外にも外で飛ばすパワーがある程度ある機体で FPV 用のカメラや VTX が外せるのはないかなぁ…と探していたらセール品を発見!

BETAFPV Beta75X (2S) が恐らくディスコン(製造中止)らしく安く出てました。

カメラと VTX (画像データ送信機)を外して目視飛行のみで飛ばすようにしました。

と…バラして診て分かったのは時代遅れ(とは言っても1〜2年程度ですが…)の部品で作られているため重量が重めになっているようです。

室内で飛ばしブラシ機と比べてみるとブラシレスモーターを搭載した BETAFPV Beta75X (2S)はホバリングから前後左右への安定感がまるでありません。

(比較対象のブラシ機は BETAFPV Beta65S ベースで FC に BeeCore Lite を使用した機体と… BETAFPV Beta75S ベースで FC に BeeCore Lite を使用した機体の2機)

でも上手にコントロール出来る人なら素早く方向転換出来る…という利点になるのでしょう。

もしかしたら屋外の広い場所で飛ばしてみたら BETAFPV Beta75X (2S) は印象が変わるのかもしれません。

室内で飛ばすことも多いし初心者の私はブラシ機でFPVも始めたほうが良いのではないか…と思いました。

2020年3月末までの費用

今月はFPVを始めるにあたって必要な機体や部品の選定・入手を進めた月になりました。

  • バッテリ:27,983円
  • 充電器類:13,491円
  • ケース類:15,466円
  • コントローラー:13,990円
  • ドローン:149,425円
  • ゲート類:30,263円
  • 免許登録:25,034円
  • ソフトウェア:4,547円

3月末までの合計金額:280,199円

FPV 機や VTX を物色する為に amazon や Banggood や BETAFPV のサイトを見ているとアレもコレも欲しくなり気が付くとショッピングカートの合計金額が10万円の単位になってしまうことも度々…絞り込んで買わなきゃ大変な事になるので選んで即日発注はしない事にしました。

カートに入れた翌日以降に改めて内容を冷静に考えてから発注する事にしました。

2020/05/17 Posted by | ドローン, 日記 | , , , , , , , , , , , | コメントを残す

2020年2月ドローンまとめ

アマチュア無線免許取得へ…

アクロモードで飛ばし始めて少しした頃に FPV で飛ばしたいなと思ってシミュレーションソフトウェアを購入しました。

FPV: First Person View とはドローン等にカメラを搭載してカメラから送られてきた映像を見ながらコントロールする手法。まるでドローン等に乗って操縦しているかのような感じになります。

手元にある Jumper T8SG +Plus をコントローラーとして使えます。

パソコンに USB ケーブルで接続するだけで特に設定は不要でした。

いやぁ難しい…全く飛べません…(笑)

難しいけど達成不可能では無さそうなのでチャレンジしたい!と思いスグにアマチュア無線の免許の講習に申し込みをしました。

と言うのもドローンに搭載したカメラから映像を送る装置(VTX)が使う電波帯域を使うのにはアマチュア無線の資格が必要なのです。

資格の無いままでの使用は電波法違反になってしまいます。

2月下旬に開催されるJARDの2日連続で行われる講習会と試験のセットを申込みました。

webでの合否発表を見ると合格してました!

4級アマチュア無線技師の免許証が届かないとここから先のステップには進めないので3月中旬位に届くのが楽しみです。

アクロに慣れてきた

今月はアクロモードだけでドローンを飛ばしてました。

65mmフレームと75mmフレームのブラシモーター機体で練習してます。

E010キャノピーのBeeCore Lite機体
UR65キャノピー+Beta75の BeeCore Lite機体

1回だけ高度維持機能のある機体を飛ばしたら何だか違和感…というか不自由な感じがしました。

ちょっとスピードを出すとスグにコントロールを失ってしまうので徐々にスピードを上げる練習をしていてたら2月は終わってしまいました。

2020年2月末までの費用

今月は4級アマチュア無線技士の免許に関する費用が大きかったですねぇ。

  • バッテリ:18,896円
  • 充電器等:13,491円
  • ケース等:13,699円
  • コントローラー:13,990円
  • ドローン:131,303円
  • ゲート等:7,112円
  • 免許登録:25,034円
  • ソフトウェア:4,547円

合計金額:228,072円

さてFPVをする為の免許や登録などをするまでにFPV機体として何を選ぶか考えて発注しなくては…。

練習用というかFPV入門に向いてるのはどれか考えて選ぶんだけど何事もこうして選んでる時って楽しいですよね!

2020/05/09 Posted by | ドローン, 日記 | , , , , , , | コメントを残す

2020年1月ドローンまとめ

高度維持機能の有無

高度維持機能があるドローン(Holy Stone HS210)の方が自由にコントロール出来ると感じていた時期から脱却出来た月でした。

高度維持機能が無いドローン(Eachine E010)の方が細かい動きをコントロール出来るようになってきて高度維持機能があると不便だと思うことが月の後半で何回か思うこともありました。

次のステップ

今度は左右方向の傾きや前後方向の傾きを自動的に水平に保つ機能の無いアクロモードでの飛行にチャレンジだな…と思いました。

アクロモードが搭載されているFPV機はアマチュア無線の免許を持たずに飛ばすと電波法違反になってしまいます。

電波法違反をして摘発されると100万円以下の罰金と半年以下の懲役の両方向もしくは片方という知らない人が思っているよりも重い刑罰です。

もちろん前科1犯…。

アマチュア無線の免許取得とFPVドローンを飛ばす為の総務省での手続きはザックリ4〜5万円と3〜6ヶ月の期間が必要だと既にFPVドローンを飛ばしている方のwebページを見ると書いてあるのを読んでいました。

う〜ん、アクロモードの練習までにそんな長い期間待てないなぁ…と他の方法を探してみました。

するとBETAFPVというFPV機ブランドのフレーム/モーター/プロペラの1機分のセットが600円を切る価格でアマゾンで出てます。

BETAFPV Beta75S はこれまで飛ばしてたドローンよりもひとつ上のサイズです。

これまで室内で飛ばしていたのは対角線上にあるモーター同士の軸の間の距離(長さ)からの65mmのドローンでした。

Beta75S は軸間が75mmのドローンです。

未経験のサイズですが値段が安いのでコレでアクロモードの練習をすることにしました。

通常価格は3,000円弱のセットだったので何か裏があるといけないので売主を見るとBETAFPV自身でした。

恐らく在庫処分かな…。

アクロモードの練習をしているとプロペラとフレームは壊すことが多いというwebサイトの書込みを見ていたので600円で1セットなら、もし10回壊しても6,000円だなと頭で計算して大量購入しました。

そしてアクロモードにチャレンジするなら安いドローンを買うと付属してくるコントローラーじゃなくてキチンとした長く使えるコントローラーが必要と判断して Jumper T8SG +Plus というコントローラーを購入しました。

でも、これだけではドローンは飛ばせません。

他に RX, FC, ESC が必要です。

電波を受信する受信機はRXと良く省略されます。

モーターを回すためのスピードコントローラーはESCと良く省略されます。

RX と ESC の間にドローンならではの制御を行うフライトコントローラーが必要です。

フライトコントローラーは FC と良く省略されます。

FC は RX で受信したコントロール信号をドローン特有の信号に変換します。

例えば、前に進む…という信号を RX が受信したら前側よりも後ろ側のモーターの回転を上げるような処理を行い結果を ESC へ伝えてモーターの回転で機体の動きに反映させます。

webを見ていると RX、FC、ESC が一体化した AIO (All In One)の FC がサイズが小さいドローンだと一般的のようです。

アクロモードと高度維持機能が無いだけのモードにコントローラーのスティック操作だけで切替可能な AIO FC を見つけました。

価格も1,000円〜2,000円程度で売られていました。

ということは、フレーム/モーター/プロペラ(600円)、AIO FC (RX+FC+ESCで1,000〜2,000円、キャノピー(300〜500円)で1機のアクロモード練習用のドローンが出来ます。

つまり1,900〜3,100円で1機が作れる計算です。

1月の後半からアクロモードの練習を開始しました。

全く上手くコントロール出来ないのでホバリング、前後移動、左右移動、回転、八の字と順番に練習を積み重ねる必要があります。

出来ない事が少しづつ出来るようになるのが楽しいです!

2020年1月末までの費用

この月はアクロモードへの切り替えを決意してパーツや道具を揃え始めました。

  • ドローン:78,016円
  • バッテリ:75,046円
  • 充電器類:8,965円
  • コントローラー:13,990円
  • ケース等:12,763円
  • 場所代等:5,980円

合計金額:134,750円

平均すると月に4万円以上使ってる!?

週に1万円以上のペースで注ぎ込んでしまった…でも…楽しー!!

いよいよ本格的なコントローラーも手に入れて操縦もしやすくなりました。

分解能(ステックを上から下まで動かした時の刻み)も細かくなったのでより精緻なコントロールもできるのが楽しいです!

2020/04/30 Posted by | ドローン, 日記 | , , , , , , , , , | 2020年1月ドローンまとめ はコメントを受け付けていません。

4級アマチュア無線技士

ドローンを飛ばしめた時にはそんなに関心の高くなかったFPV飛行…徐々に興味が湧いてきて必要な4級アマチュア無線技師の資格を取りました。

FPV飛行:ドローンにカメラを搭載してカメラからの映像を見てコントロールする方法でドローンに乗っているかのような気分になれる操縦方法

無線従事者免許証が届く前についついトランシーバーを買ってしまいました。

無線従事者免許証が到着して総務省の「電波利用 電子申請・届出システム Lite」から開局申請をしました。

FPV用の動画送信機(VTX:Video Transmitter)に関する開局申請はVTXが電波法に定める技術基準に適合していないため日本での無線技術認証制度を通じて技適マークが付いていないのでJARDもしくはTSSから保証認定を受ける必要があります。

保証認定を受けて総務省に申請することで合法でのFPV飛行が出来ます。

保証認定前にコールサインが欲しかったこと(なんとなくです…)とドローンを飛ばしに出かけるのが人の少ない場所という事もあってトランシーバーも欲しかったので開局申請を行いました。

VTXの保証認定などはトランシーバーの開局が出来てからになりますがそれまではシミュレータでFPVの練習をしてます。

2020/03/31 Posted by | ドローン, 日記 | , , , , , , , , | 4級アマチュア無線技士 はコメントを受け付けていません。

2号機:Potensic A20W

毎日飛ばす…

初号機の Holy Stone HS210 が届いた後は時間さえ許すなら毎日飛ばしていました。

面白い!

自分の想定しているコースにピッタリと飛んでいる時の機体との一体感が堪らないです。

多くの場合は自分の思っている軌道とはちょっと違うか全く違うコースを飛んでしまってます。

飛ばすのが楽しいので色々なサイトでどのようなクワッドコプター(プロペラが4つあるドローン)があるのかと見ているとどうやらハマっている人達は2つに分けられるようです。

どっちだろう?

上空からの撮影に興味を持ち DJI を中心とした良い画像が得られるドローンを飛ばすとの楽しんでいる方々。

ドローンに自分が乗って操縦しているような感覚でドローンを操るFPV(First Person View:1人称視点とでも言うのでしょうか)でドローンを楽しんでいる方々。

撮影を楽しんでいる方はカメラがブレて映像が揺れたりしないようにジンバル(カメラを固定している部分の揺れを画像にする装置:ジンバルにカメラを装着して手持ちで使うのもあります)がドローンについてるモデルを使っている方が多いです。

確かにジンバル無しでのフライト映像とジンバル有りのを比べると明らかにジンバルを使用している映像のほうが安定しています。

FPVの方は映像の送信するときの遅れがあると操縦が難しいので出来るだけデータ遅延を少なくするためにかなり荒い画像を見ながら操縦している感じです。

どんな違いがあるのかそれぞれカテゴリーの主流メーカーで映像が見られるページへのリンクがこちらです。

DJIはFPVの世界へ、BETAFPVは綺麗な映像の世界へとそれぞれがお互いの領域に2019年は歩み寄る様子が伺えます。

恐らくどちらも自分のメインとしている世界ではある程度のシェアを得たので隣接領域へとビジネスを拡大しているのでしょう…。

あ…話しがそれてしまいました。

空撮もFPVもどちらもやってみたいけどどちらかへの強烈な欲求は無いので体験してみないとダメかも…と思い2台目のドローンは初号機の候補の中からスマホを使ってFPVのようなことも出来るし画像も映像も撮影が出来るという機体にしました。

Potensic A20W

初号機が手元に来てから1週間後に注文しました。

こちらも次はどっちにしようかなと悩んでいたら通常よりも1,000円以上割引になっていたので迷わずポチリ!

国内在庫品なのでスグに届きました。

パッケージを開けると機体、コントローラー、バッテリー1個、予備のプロペラ、プロペラ外しツール、説明書が入っています。

並べてみるとこんな感じです。

コントローラーは少し大きめで丸みを帯びていて手にフィットします。

コントローラーにスマホを取り付けるためのアダプターもついていました。

コントローラーに付けるとこんな感じです。

上に被さっている蓋みたいなのを持ち上げてスマホを上下から挟むようにして。固定します。

機体のカメラ映像を見て操縦、FPV操縦が出来るのではないかと期待してます。

バッテリーはスッポリと機体に格納するようになっています。

バッテリーは細長い形状のリポバッテリーで180mAhの容量です。

全体的にデザインに拘りがあるようです。

操縦してみると…

Holy Stone HS210 よりも Potensic A20W の方が飛び方がスムーズでしっとりとしています。

どうやらスティックを倒した時のコントロールが Holy Stone HS210 よりも Potensic A20W の方が細かくなっているようです。

つまり例えばスピードをコントロールする場合に5段階で段々スピードが早くなる刻みになっているのか10段になっているのかというような感じです。

実際の刻みは分かりませんが飛び比べてみると明らかに違います。

飛ばしている時の音も Potensic A20W の方が静かです。

スピードを一番早くするとどちらも最高速度はそれほど違わないように思うのでコントローラー側かドローンの機体側側での制御が違うのでしょう。

そういえば Holy Stone HS210 はプロペラの羽が4枚、Potensic A20W は3枚という違いもあるので枚数の違いが影響しているのかもしれません。

FPVの性能は?

さて期待している機体についているカメラの性能でについてです。

画像はそれほど綺麗とは言えません。

FPVについても試してみました。

カメラが機体先端に若干下向きについていることもあって機体の進行方向の前方が見えません。

それに画像が1秒程度遅延しているので画像を見ながら操縦するFPVには室内では全く使用できません。

広い公園で使うと少しは役に立つのかもしれないなと思ったけど最初に1回試しただけでそれ以降はスムーズなフライトを楽しんでばかりいて最初に試して以来カメラ機能は使ってません。

【費用合計】

ドローン本体:6,699円(2機)

2020/02/01 Posted by | A20W, ドローン, 日記 | , , , , , , , | 2号機:Potensic A20W はコメントを受け付けていません。

どのドローンにする?

室内で飛ばすことのできる小型ドローンをアマゾンで購入する…というところまで決めたのでいよいよ実際に購入するドローンの選択です。

小型のドローンに絞ってネットの書き込み(ブログなど)を参考にアマゾンで探してみました。

最初に買う候補のドローン

デザイン、サイズ、他サイトでのおすすめ情報などを勘案して良さそうだなと思ったのは以下のモデルです。

Holy Stone HS220

変形して大きな形態と小さな形態になりどちらでも飛ばすことができるドローンです。

大きな形態の時にはアマチュア無線免許の要らない電波帯域を使って自分のスマホに画像を表示させてのFPV飛行も可能です。飛行時の動画や静止画の保存も出来ます。

小さいドローンとして室内で使えて屋外だと大きくして使えるところに惹かれました。つまり室内で練習したり実家の庭で飛ばしたり出来るかも…と想像してしまい最初に心惹かれました。

  • 高度維持機能付き
  • 免許不要の簡易FPV機能付き
  • 100グラム以下
  • バッテリー2個付属
  • 8,000円前後

値段は8,000円前後で室内で飛ばすサイズのドローンとしては高めですが屋外用のドローンとしては安めの値段設定です。

Holy Stone HS210

多くのドローン関係のサイトで全くの未経験者にお勧めと書いてあるドローンということと機体のスリムなデザインのカッコよさに心惹かれました。バッテリーが3個付いているのも良さそうだなと思いました。

購入者からのの評価ではサクラだけではない程多くの評価が付いていて評価ポイントも高いです。不具合があった場合の対応も良さそうです。

中には飛ばしていてぶつけたり落としたりして壊れるのは製品として未熟とクレームを書いている人も見かけますが筋違いだと思うのでそのような評価はスルーしました。

  • 高度維持機能付き
  • FPV機能無し
  • 30グラム以下
  • バッテリー3個付属
  • 3,000円台

値段も3,000円台で手頃です。

Holy Stone HS170

いくつかのドローンサイトで高度維持機能付きのドローンで基本操作を覚えた後での2台目もしくはステップアップ練習機としてお勧めされていました。

コントロールに機敏に反応して飛び方は素直とい評価ですが最初のドローンとしては高度維持機能がないのはハードルが高いかもしれないと思ってます。

高度維持機能を持たないドローンはドローン初体験の購入者から上手く飛ばないという書き込みが散見されます。

  • 高度維持機能無し
  • カメラ無し
  • 50グラム以下
  • バッテリー1個付属
  • 4,000円前後

飛ばす場所として広めの場所が必要なことと高度維持機能無しなので最初の機体として購入するのはパスすることにしました。

Potensic A20W

免許不要の簡易FPV機能が付いているのに小型軽量で室内向けのスペックです。

スマホにアプリを入れればFPV機として使うことも出来るようだし静止画としても動画としても保存することも可能のようです。

単に飛ばすということだけではない使い方(楽しみ方)が出来るのではという感じでワクワクします。

  • 高度維持機能付き
  • 免許不要の簡易FPV機能付き
  • 30グラム以下
  • バッテリー1個付属
  • 5,000円前後

EACHINE E010

腕を磨く為の練習用ドローンとして複数のドローンサイトでお勧めになっている機体です。

商品説明ではこの機体にカメラと画像送信機を別途購入して装着すればFPV機体として使うことも可能のような記載もあります。

  • 高度維持機能無し
  • カメラ無し
  • 30グラム以下
  • バッテリー1個付属
  • 2,000円ちょっと

互換機(OEM?)は少し安く売ってます。

バッテリーは Holy Stone SH210 と互換性があってどちらのバッテリーもどちらの機体で使う事が可能です。

高度維持機能無しなので一番最初の機体としては操作が難しいのかなと思い最初の機体を飛ばしてみてドローンに興味を持てたら買う2台目の期待候補にしました。

初号機は…

候補に挙がった機体はいずれも魅力的に思えました。

デザインが気に入らない機体はそもそも候補に残ってません。趣味で購入する物だからこそ好きなデザインの機体だけを候補に残しました。

最初なので買ってみて興味があまり沸かない可能性も考えてできるだけコストを抑えることにしました。

単にドローンとコントローラーだけではなくバッテリーがいくつ付属しているかということです。

RCカー(車のラジコン)での経験からバッテリーは最低でも3個は欲しいです。

付属バッテリーが1個か2個の場合は追加バッテリーを購入するコストを勘案して選んだのは…Holy Stone SH210 です。

少し飛ばしてみて次の段階にステップアップしたくなったら EACHINE E010 を買えばバッテリーをそのまま共有出来るので都合が良いと思ったのもこの機体を選んだ理由のひとつです。

今となっては最初に買ったのがこの機体で良かったと思ってます。

その理由については別の投稿で…

広い庭がある家や近くに飛ばせる場所が屋外で確保出来るのであれば Holy Stone 220Holy Stone HS170 を買っていたと思います。

2020/01/23 Posted by | ドローン, 日記 | , , , , , , , , , , , , , , | どのドローンにする? はコメントを受け付けていません。