My Blog : まとめブログ

ドローン、飲食店、映画、車…

3号機:EACHINE E010

空撮の方向に進むにもFPVの方向に進むにも高度維持機能を切った状態での飛行操縦技術が必要のようです。

DJI社が席巻している空撮のジャンルでも国土交通省からドローンの操縦者としての適正を判断する基準に高度維持機能を切った状態での操縦があるようですしドローンレースでも高度維持機能を使っったままでは勝負にならないようです。

初号機の Holy Stone HS210 も2号機の Potensic A20W もどちらも高度維持機能がある初心者向けの機体です。

どちらの方向でドローンを飛ばすにも高度維持機能の無い機体を入手して練習する必要があるので複数のサイトで高度維持機能が無いドローン操縦の練習に最適と記載のあった EACHINE E010 を2号機の Potensic A20W と一緒に注文しました。

特に値段が安くなっているタイミングでは無いかったのですが Potensic A20W とで FPV を試すのと同じタイミングで高度維持機能の無い機体をコントロールしてみたかったのです。

EACHINE E010 – green

パッケージは Holy Stone SH210 よりも少し小さいです。

内容物がスペースの無駄無く詰まってる感じです。

ドローン、コントローラー、バッテリー1つ、充電器、コントローラー用電池、予備プロペラ、プロペラ外しツール、ドライバー、説明書と全部が揃っていて 2,300円でした。

スリムでシャープなコクピットです。コントローラーは Holy Stone SH210 も小さいです。

何回か使うまでその小ささに慣れませんでした。

モーターやコクピット(キャノピー)が乗っているフレームは Holy Stone HS210 ととても似ています。

バッテリーも Holy Stone HS210 と共用することが可能です。

150mAhの容量のバッテリーが1つが付属してます。

操縦感覚の違い…

Holy Stone HS210 を1週間ほぼ毎日飛ばしていたのである程度は操縦が出来るようになっていたかなと思っていたのですが EACHINE E010 だと全くダメでした。

その場に浮いているホバリングも出来ないし当然ながら普通に前に飛ばすことも出来ません。

ただそこに浮かんでいるホバリングが出きるまでは毎日が楽しいチャレンジでした。

結局ほぼ毎日練習してある程度飛ばせるようになるまでに3週間程度かかりました。

高度維持機能のある機体よりも自由に飛ばせるようになったのは飛ばし始めて2ヶ月程度が経過した頃でした。

高度維持機能が無いので無駄にバッテリーを使わないようで Holy Stone HS210 の220mAhと比べると少ない150mAhの容量のバッテリーでも Holy Stone HS210 と同じくらいの時間の飛行が可能です。

試しに同じバッテリーを使って Holy Stone SH210EACHINE E010 を飛ばしてみると高度維持機能が無い EACHINE E010 の方が長く飛ばすことができます。

Holy Stone HS210 を最初に飛ばした際にに他のサイトから学んだ習熟過程のステップを高度維持機能が無い EACHINE E010 のコントロールの習熟にも踏襲して練習を進めました。

練習方法…

具体的な練習のステップは以下です。

ひとつがある程度出来るようになったと感じたら次のステップの練習を組み合わせて飽きないように常にチャレンジを続けるような感じでほぼ毎日飛ばしていました。

  • ホバリング(機首は前方)
  • 前後移動(機首は前方)
  • 左右移動(機首は前方)
  • ホバリング(機首は左向き)
  • 前後移動(機首は左向き)
  • 左右移動(機首は左向き)
  • ホバリング(機首は右向き)
  • 前後移動(機首は右向き)
  • 左右移動(機首は右向き)
  • ホバリング(機首は自分向き)
  • 前後移動(機首は自分向き)
  • 左右移動(機首は自分向き)

実際には斜め前方向でも練習したのでステップはもう少し多かったです。

この動きが出来るようになると8の字での飛行が出来るようになります。

8の字も自分から見て8に見える向きと自分から見たら∞に見える向きの両方で練習します。

8の字は2つ方向があるのでどっち周りの方向でも出来るように飛ばしてました。

ぎこちなさは残るけどというレベルで8の字で飛行出来るまでに1ヶ月以上の時間がかかりました。

練習の間は Holy Stone HS210Potensic A20W と交互に EACHINE E010 を飛ばして高度維持機能が無い機体のコントロールの練習と同時に高度維持機能付きの機体で意識しなくても機体がどの方向に向いていても自由に機体をコントロール出来るようにコントロールに慣れるようにしていました。

EACHINE E010 を飛ばすには相当指先の動きに集中しないと上手く飛ばない日々が続いていたのでメゲないように楽しくフライトする期待と集中力が必要な期待を交互に操縦していたんです。

【費用合計】

ドローン本体:8,999円(3台)

2020/02/06 Posted by | ドローン, E010 | , , , , , , | 3号機:EACHINE E010 はコメントを受け付けていません。